トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

物流管理/出荷伝票

Last-modified: 2016-03-24 (木) 18:20:00 (2033d)
Top > 物流管理 > 出荷伝票


出荷管理における主伝票で、Outbound Deliveryとも呼ばれる。
Outbound Shipmentという呼称もあるが、シップメント伝票があるのでややこしく、Outbound Deliveryと呼ぶ方がよいだろう。



概要

出荷管理における全ての処理の基本となる伝票で、この内容を元に様々な出荷関連処理を実行する。
伝票ステータスによって出荷処理の処理状況を確認することが可能。

出荷ステータスは、出庫転記日を元に出庫確認されることで完了となる。

構成について

いつも通り出荷先出荷ポイント輸送経路などヘッダと品目や数量などを持つ明細で、同じような情報が双方にある場合は明細情報が優先される。

登録について

出荷伝票は、出荷予定の受注伝票の出荷ポイントごとに登録できる。

受注伝票から複数の出荷伝票を登録可能・・・というより、明細の出荷先出荷ポイントが異なる場合は伝票が分割され、逆にこれらの項目が同じ場合は複数の受注伝票まとめることも可能。
他の分割条件には、販売組織一括納入区分与信勘定などが挙げられる。

なお、登録時の選択日付は品目利用可能日を意味する。

まとめ前のメモ

  • 出荷伝票モニタ
  • 転送指図の自動登録
    ヘッダ出力出力タイプWMTAを設定すると、転送指図の自動登録が可能らしい。
    もちろん、明細の少なくとも一つがWMの対象でなければならない。
  • ユーザ固有の納入伝票日付
    出荷計画で決定された日付の他に、出荷伝票のヘッダにユーザ固有の日付を登録して、計画値と実績値の分析などに使用できる。

日付項目について

出荷伝票は、SDの入り口となる受注や売上を起こす請求伝票と比べると、なんとなく軽んじられやすい伝票だったりする。

しかし、「ピッキングだけ」や「在庫が落ちればいいや」だけでなく、本来的な出荷業務をちゃんと管理しようとした場合、物流の流れやそれらの日付系を管理する要件がある。
そこで、Append項目などを設定するのも一案なのだが、日付項目はカスタマイズで追加/変更を行うこともでき、伝票ヘッダの日付タブに保持することも可能であるため、安易にアドオンをせず標準を活かす道も模索してみよう。

  • 物流管理>出荷管理>基本出荷機能>日程計画>他の納入期限>設定:納期
    ここで「論理時間」とかいうのを定義。「ETA Begin」と「ETA End」とかfromとtoそれぞれにあたるもの。
  • 物流管理>出荷管理>基本出荷機能>日程計画>他の納入期限>設定:イベント
    ここで「イベントタイプ」を定義。Aliasは、画面上に表示されるタイトル。
    ソレ単位で、上で定義した「論理時間」をfromとtoそれぞれに割当。
  • 物流管理>出荷管理>基本出荷機能>日程計画>他の納入期限>登録:イベントグループ
    ツリーメニューの上の方で、TemplateとそのAliasを定義。
    ツリーの下のほうで、Alias単位の「イベントタイプ」やソート順序(並び)を設定する
  • 物流管理>出荷管理>基本出荷機能>日程計画>他の納入期限>割当:プロファイル
    出荷伝票タイプごとに、TemplateのAliasを割当。

納期の提案

①販売伝票タイプに対して、日程計画の設定を行う
②出荷ポイントのカレンダ設定により、出荷ポイントの稼働日が提案される
③輸送経路のカレンダ設定により、輸送作業の稼働日が提案される
④出荷先の荷渡ポイントのカレンダ設定により、客先の受け入れ稼働日が提案される

注意点① / 当たり前の話だが、先方が納期を指定してくるケースについては④の提案は不要(客先が指定した納期が非稼働日である可能性は低いため)
注意点② / インターネット等の注文のケースでは、発注日から納期可能日を算出する順日程を①に設定するが、先方が納期を指定してくるケースについては、基本的に逆日程で調整されるケースが多い。
注意点③ / 納期提案については、提案値であり、手動で指定した期日を優先して利用することが可能であり、業務を考えて使い分ける事が大事。




【スポンサードリンク】
  





コメントはありません。 Comments/物流管理/出荷伝票?

お名前: